クリーニングの基礎知識

誤解!?ウェットクリーニングと家庭用洗濯機の水洗いの違いを徹底解説!

編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の佐藤です!

ウェットクリーニングと聞くと響きからも「濡らすクリーニング」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

ってことは・・家での水洗いもウェットクリーニング??という認識は要注意です!

ここでは混同しがち・・誤解されがちなウェットクリーニングについて家庭での水洗いとの比較も踏まえ細かく解説しています。

ウェットクリーニングを正しく知り、衣類に負担なくクリーニングをするようにしましょう!

ウェットクリーニングとは??

ウェットクリーニングと聞くと、水洗いでのクリーニングと大きな意味で捉えがち・・。日本の様々な工業製品の規格を定めた「JIS(ジス)」では以下のようにウェットクリーニングを定義付けしています。

特殊な技術を用いた業者(クリーニング屋さん等)による繊維製品の水洗い処理

つまりウェットクリーニングは、プロのクリーニング屋さんによる水洗い処理を指すため、家庭用の水洗いはウェットクリーニングとは言いません。

水洗いをすることで縮んでしまったり、型崩れを起こしたり、シワがついて戻らなくなってしまう衣類等でも綺麗にクリーニングできるのがウェットクリーニングの最大の特徴です。

ウェットクリーニングが得意な汚れ・不得意な汚れ

汚れの種類 汚れ 洗浄性
水溶性汚れ
(水に溶ける汚れ)
汗・尿・アルコール・ジュース
油溶性汚れ
(油に溶ける汚れ)
皮脂・衣類表面に付着した油分 ×
ドライの5%~25%程度

ウェットクリーニングのメリット・デメリット

メリット

  • 水洗いNGの衣類でも縮みや風合いの変化を最小限に抑えることができる
  • 汚れをしっかり落とすことができるプロ仕様の専用洗剤
  • 型崩れやシワ等をプロの復元技術(プレス機・アイロン等)で元通りにできる
  • 水性汚れ(汗・尿・ジュース・アルコール等)の洗浄性が高い

デメリット

  • クリーニング屋さんの技術の差が出る
  • 手間がかかる分、料金がドライより割高になる
  • 通常より仕上がり納期が長くなることも・・
  • 油性汚れに対しては洗浄性が低い

ウェットクリーニングでは衣類の素材特性に対する豊富な知識と、汚れの種類を見極めて最適な洗浄方法(洗剤の洗濯・洗濯方法)を行う必要があるため、クリーニング屋さんの技術力が仕上がりに影響するクリーニング方法となります。

家庭での水洗いとドライクリーニング・ランドリー洗いの違い(各ページへリンク)

ウェットクリーニングの違いをまとめました。以下は水を使った水洗いクリーニングであるウェットクリーニング・ランドリー洗い・家庭での水洗いについて比較しています。

ウェット 家庭 ランドリー
汚れ落ち ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆
型崩れ・シワの復元 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★★
収縮 少ない 大きい 少ない
風合い変化 少ない 大きい 少ない
料金 やや割高 安い 普通

クリーニング屋さんで行われるウェットクリーニングと業務用洗濯機を用いたランドリー洗いではプロ仕様の洗剤を使って行われるため汚れ落ちは家庭での水洗いと比べ高くなります。

水洗い後の型崩れやシワを復元する際にも、業務用のアイロン・プレス機・立体的な成形が可能な人体フォーマー等を使う為やはり仕上がりの良さは家庭での水洗いではかないません。

クリーニングのランドリー洗い・ドライ・家庭の水洗いの違い徹底解説!クリーニングのランドリー洗い・ドライ・家庭の水洗いの違い徹底解説しました。実際に何がどう違うのか?意外と知らないクリーニング店での洗い方の違いを紹介しています。...

自宅では難しいプロによるウェットクリーニングの方法例

家庭で行うには難しい理由

理由
洗濯洗剤 汚れの種類に最適な洗剤選びが困難
衣類の収縮 繊維に対する知識が必要
漬け置き条件 漬ける時間等の判断が難しい
元の型の復元 綺麗な折り目や立体的な型の復元に、専用のプレス機などを用いているため

ウェットクリーニングの方法は、クリーニング屋さんによって様々です。ここでは代表的な方法についてご紹介していきます!

ウェットクリーニングの工程①-2手荒いによる方法

業務用洗剤を調剤した水やぬるま湯の中に漬けて汚れを落とす手洗いによるウェットクリーニングです。洗剤の選択、漬ける時間、乾燥工程など汚れ具合や衣類の種類を正確に判断し行います。

ウェットクリーニングの工程①-2洗濯機を使った方法


二層式の洗濯機を使ったウェットクリーニングです。縮むのを防ぐ防縮剤が配合された業務用の洗剤などが使われます。

それ以外にも各衣類に適した洗濯槽の水流の強弱、漬け置きの時間、脱水具合などなどを細かく設定しながら行うため、家庭で行うにはなかなか現実的ではありません。

ウェットクリーニングの工程②プレス機・アイロンによる型の復元

乾燥工程を終えてそのままだとやはりシワが残っていたり型崩れを起こしています。その為、業務用のプレス機やアイロンで元の型に復元していきます。

これはウェットに限らず、ドライクリーニングやランドリー洗いでも共通の作業です。プロのクリーニング屋さんにしかできない工程がこの仕上げ作業です。

ウェットクリーニングの洗濯表示を知っておこう!(新JIS・旧JIS)

実際にウェットクリーニングをお願いする前に、衣類についている表示をチェックするようにしましょう。

マーク(新JIS) 意味 詳細
ウェットクリーニング処理ができる 通常の処理
ウェットクリーニング処理ができる 弱い処理
ウェットクリーニング処理ができる 非常に弱い処理
ウェットクリーニング処理ができない

以上がウェットクリーニングの処理に関する表示記号になります。Wのマークがついているものはアパレルメーカー側で試験の上、ウェットクリーニングが可能な衣類に付けられています。

ただし、上記マークは2016年12月1日以降に新たに加わった表示記号の為、それ以前に買った衣類には付いていません。

手洗いが不可でドライクリーニングすべき衣類に対して行う水洗いがウェットクリーニングであるため、以下のようなマークがついているものもウェットクリーニングを行ってくれる場合があります。

またクリーニング屋さんによっては水洗い不可・ウェット不可のものでも対応してもらえる場合もあるので悩んだら相談してみましょう。

ウェットクリーニングしたい服や状態は??

ウェットクリーニングに適している、あるいは出すべき衣類は主に汗がついた衣類です。汗は放置すると衣類に様々なトラブルを引き起こします。

汗を放置して起こるトラブル例

  • 黄ばみ・汗ジミ
  • ゴワゴワしてくる
  • 白っぽくカビが生える
  • 虫食いによる穴あき

夏場の汗・汚れが付着するスーツ・スカート

着用頻度がかなり高いスーツ。着回しをしてローテーションをしたとしても、夏の汗の汚れはどんどんとついていきます。スーツのクリーニングはドライクリーニングがメイン。そのため、汗の汚れはほぼ落ちません。

夏が終わり保管する前には必ず汗抜き加工をお願いするようにしましょう。

冬場のジャケット・コート類

冬場でもアウターの中は汗や湿気が貯まりやすいため、シーズン終わりにクリーニングに出すのがおすすめです。

それ以外にも家庭で洗濯ができないけれど、直接肌に触れる衣類は知らず知らずのうちに汗がついていますので、注意が必要です。

ウェットクリーニングの料金と仕上がり納期の相場は?

気になるウェットクリーニングの料金と仕上がり納期についてまとめました。それぞれはあくまで相場なので、クリーニング屋さんによって大きく異なります。

各クリーニング屋さんのホームページで料金を確認したうえで、出すようしましょう。

料金相場 仕上がり納期
スーツ上下 800円~3,000円前後 7日~
※クリーニング屋さんにより大きく異なる
スカート 800円前後~
セーター 800円前後~
コート 1,000円前後~
マフラー等 700円前後~

ウェットクリーニングの料金が高い理由とは?

ドライクリーニングに比べてウェットクリーニングは割高になります。これはドライクリーニングと違って、画一的な洗浄方法で処理ができない為です。

また例えばスーツであれば、ドライクリーニングとウェットクリーニングの2回のクリーニングをすることも多く、その為割高になります。

また次のシーズンも綺麗な状態で衣類を着る為に、必要なクリーニングといえます。

ウェットクリーニングに関する疑問Q&A

ここではウェットクリーニングに関する疑問をまとめました。

ウェットクリーニングの禁止マークがついている場合の洗濯方法はどうすればいい??

ウェットクリーニングの禁止マークがついていた場合、ドライクリーニングや手洗い、あるいは家庭用の洗濯機での洗濯マークがついています。

それらのマークの指示に従って適切な洗濯方法を行いましょう。

またクリーニング屋さんによってはウェットクリーニングができないものでも、寸法や風合い変化を起こさないクリーニング技術で対応してもらえることもあるようです。

家庭用洗剤のエマールで自宅でウェットクリーニングはできる?

ウェットクリーニングの定義は、「特殊な技術を用いた業者による繊維製品の水洗い処理」のため、家庭での洗濯の為、定義上ウェットクリーニングにはなりません。

エマールは洗濯による衣類への負荷を抑えつつも、汚れや臭いといった水溶性の汚れをスッキリ落とすことができる家庭用洗剤です。

エマールで洗える衣類と洗濯表示

旧表示 新表示 新表示の意味
液温は30℃を限度とし、洗濯で弱い洗濯処理ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯で弱い洗濯処理ができる
液温は30℃(40℃)を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる

エマールで洗えない衣類と洗濯表示

旧表示 新表示 新表示の意味
洗濯処理はできない

エマールの使用方法の注意にも記載がありますが、本当にエマールを使って大丈夫なのか・・?と心配な方は、クリーニング屋さんのウェットクリーニングを依頼しましょう。

ウェットクリーニングに出す頻度はどうすればいい??

本来ドライクリーニングを推奨する水洗い不可のものに行う為、ウェットクリーニングを頻繁に行うことは物理的に衣類への負荷が大きくなると考えられます。

例えばスーツなどであれば、クリーニング屋さんによっては水溶性の汚れも落ちる特殊溶剤を使ったドライクリーニングがあります。

そのようなドライクリーニングとウェットクリーニングを併用するとより衣類への負担を抑えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

この記事のまとめ
  • ウェットクリーニングとはプロによる水洗いのこと
  • ドライクリーニングでは落とせない汗をスッキリ洗いたい時におすすめ
  • ドライクリーニングに比べて、料金は割高になる

クリーニング屋さんのウェットクリーニングと家庭での水洗いは名前の響きからも混同しがち・・。

ただ実際にはクリーニング屋さんが普段行うクリーニングの中でも、幅広い繊維・染色の知識をはじめとした技術が必要とされるクリーニング方法です。

大切な衣類を永く良い状態で着る為にもクリーニング屋さんのウェットクリーニングを上手に活用しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
宅配クリーニングが便利!

クリーニングしたい衣類の引取りからお届けまで自宅にいながら完結できる宅配クリーニング。

たくさんある宅配クリーニングサービスの選び方から価格が安いお店まで徹底比較しました。お店選びの参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい!