バッグクリーニング

バレンシアガのバッグのクリーニングにおすすめのお店10選|カビ取りから修理対応まで!

バレンシアガのバッグクリーニング
編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエの佐藤です!

バレンシアガのバッグをクリーニングに出す際にクリーニング店選びにお困りではないでしょうか?

バレンシアガのような高級バッグのクリーニングには、非常に高度な技術と経験が必要なのはご存じでしょうか?

もし間違った方法でクリーニングされてしまったり、技術の不足しているお店に依頼してしまうと大切なバッグが台無しになってしまう可能性もあります。

ここでは、クリーニングはもちろん色ハゲの補修やチェーンのメッキを再加工等の修理にまで対応してくれるおすすめクリーニング店の選び方から、バレンシアガのバッグのクリーニングで気をつけたいことをまとめました!

クリーニングを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

バレンシアガのバッグのクリーニング料金相場は?

料金
メニュー 料金相場 備考
クリーニングのみ 15,000円〜 サイズ・素材で変動もあり
部分補色 3,000円〜10,000円
全体補色
カラーチェンジ 8,000円〜15,000円 濃い色から薄い色への変更は不可
チェーンのメッキ加工 15,000円〜 要見積もりのお店もある

クリーニングのみの料金と、よりきれいな状態に仕上げるためのメニューの料金相場をまとめました。

まだ状態の良いバッグであればクリーニングのみでも十分かもしれませんが、長年愛用したバッグの場合、色がはげてしまったり、直射日光やその他の原因で変色を起こしていたりと色の補色や染め直しが必要となることがあります。

例えば、クリーニングに色の補修である補色メニューを組み合わせると大体25,000円〜程度からのお店が多いので、おおよそそれぐらいの料金を考えておくと良いかもしれません。

明確な見積もりは各クリーニング店に問い合わせれば出してくれるので気になる方は事前に確認をしたほうが安心です。

バレンシアガのバッグのクリーニング店選びのポイント

ポイント
選び方のポイント
  1. バレンシアガのバッグのクリーニング実績があるお店
  2. バッグのさまざまな補修まで対応できるお店
  3. クリーニングの保証や賠償制度があるところ

クリーニングの難しい皮革製品のバッグを取り扱っているお店はクリーニング店全体の中でも少なく、高級ブランド品まで対応してくれるところはさらに少なくなります。

出来るだけ安心して大切なバレンシアガのバッグを依頼できるお店のポイントを3つにまとめました。

バレンシアガのバッグのクリーニング実績があるお店

バレンシアガのバッグのクリーニング実績があるお店はバレンシアガのロゴ、デザイン、使われている素材(ラムスキン、コットンキャンバス、カーフスキン、モダクリル)の特性を把握しているので取り扱いを誤ることはほとんどありません。

また一言にバレンシアガのバッグと言っても、ネイビー、エヴリデイ、エクスプローラーショッピング、ヴィル、ホイール、ペーパーなど種類やデザインが様々です。

実際に各店舗の公式ホームページのクリーニング事例を探してみて、あなたと同じバッグの実績が掲載されているとより安心です!

バッグのさまざまな補修まで対応できるお店

メニュー例 内容
染み抜き 皮革部分についた汚れの染み抜き
色修正・補色 スレや傷、色ハゲ部分を目立たなく補色
カビ取り バッグの表面・内側のカビ取り
撥水・防汚 水を弾く撥水と汚れが付きづらくする
抗菌・消臭 バッグ表面と内側の抗菌・消臭
カラーチェンジ 元の色から希望する色に染め直す
持ち手チェーンのメッキ加工 メッキの剥がれたチェーンに再メッキ加工

上記表のようにただ単にバッグのクリーニングをするだけではなく、使用中についたシミを落としてくれたり、革のスレや傷でハゲてしまった部分に色をつけてくれたりと、劣化したバッグをより良い状態に仕上げてくれるメニューを用意しているクリーニング店もあります。

こういった補修メニューは全てのクリーニング店が用意しているわけではありません。

バレンシアガのバッグの素材、染料等々に対しての深い知識があって、さらに高いリペア技術が必要となります。

そのため、このような補修メニューを用意しているお店はそうでないクリーニング店よりも信頼度が高いと推測できます。

クリーニングの保証や賠償制度があるお店

クリーニング店の多くは独自に賠償制度を設けている事が多いですが、クリーニングトラブル防止の為にクリーニング店が入る保険に加入しているお店もあります。

このように保証制度がはっきりしているお店を選択することも、後悔しないクリーニングをするために必要な事の1つです。

バレンシアガのバッグはとても高価なものなので、万一何かあった場合にもしっかりと保証・賠償制度があるお店が安心です。

バレンシアガのバッグクリーニングにおすすめのお店10選

チェックバレンシアガのバッグのクリーニング実績があるお店、高級ブランド品のクリーニングを日常的に行なっているお店、皮革製品に特化したお店などおすすめクリーニング店をまとめました。

詳細は各クリーニング店のホームページもご覧ください!

リナビス

リナビス靴クリーニング
料金 26,400円(税込)
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー キズの擦れの修復、色補正、カラーチェンジ、破れ・ほつれ補修、各種パーツ交換 ※別途料金発生もあり
保証・賠償

公式HPはこちら

大手宅配クリーニングのリナビスが、皮革製品専門に行っている宅配クリーニングです。

創業60年の老舗クリーニング店ですので、技術はもちろんですが、おせっかいなサービスという名目で細かな補修などもお客様に確認をしてメンテナンスしてくれます。

24時間いつでもオンラインからの受付をしており、細かな要望も集荷キットに入っているメンテナンス書に記入して送るだけの手軽さは◎!

ユアマイスター

ユアマイスター公式画像
料金 要見積もり
納期 要相談
補修メニュー 要相談
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

ユアマイスターは数多くの鞄修理、クリーニングのプロから提示された金額から選べるといったマッチングをしてくれるサービスです。

色々検討したいけれど、何件も見積もりを出すのは大変な事ですしどこが良いのかわからなくなります。

ユアマイスターを使えばご希望の修理、クリーニング内容を記入してかんたん見積もり依頼をすると、複数のプロから金額が提示されますので、そこから選んで打ち合わせしていくといった流れになります。

ワンステップで色々検討できるところが◎!

協和クリーニング

協和クリーニング公式ホームページ画像
料金 クリーニングのみ:16,800円〜
クリーニング+染み抜き+色修正:22,800円〜
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー 染み抜き、色修正、エナメル加工、持ち手チェーンのメッキ加工など
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

協和クリーニングはブランドバッグのクリーニング実績を数多く持つクリーニング店です。

HPには色々な種類のブランドバッグのがクリーニング実績として掲載されており、もちろんバレンシアガのクリーニング実績も掲載されています。

ネイビーカバのバッグクリーニング事例やシティバッグ、キャンバストートバッグのクリーニング事例が載っていますので、ご自身が持つバッグと見比べてみて仕上がりが想像しやすいです。

実績が多いので、バレンシアガのバッグの特徴を知り尽くしている点が非常に信頼できますね!

新宿御苑工房

新宿御苑工房公式ホームページ画像
料金 クリーニングのみ:16,000円~
クリーニング、染め直し:37,000円~
納期 要相談
補修メニュー 要相談
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

新宿御苑工房はご夫婦が2人で営む小さな個人店ですが、ご夫婦2人だけでの作業だからこそ1点1点丁寧に心を込めて作業していただけるお店です。

2人だけでの作業なので、納期は長くなりますが、自分たちが責任を持ってバッグを確認してから全ての工程を手作業で行う徹底ぶりです。

来店にも対応しており、職人さんと直接お話して依頼できる点は安心できる点ですね。

お客様の口コミの多さが2人の技術の高さと、信頼の表れですね。

小羽皮革

小皮皮革
料金 12,650円〜15,950円
※B5~ボストンバッグサイズまで一律
納期 30日〜60日程度
補修メニュー キズの擦れの修復、色補正、カラーチェンジ、破れ・ほつれ補修、各種パーツ交換 ※別途料金
保証・賠償 要問い合わせ

\くわしくはこちら/
公式ホームページはこちら

小羽皮革は100%完全自社工場で、クリーニングを行う50年の歴史をもつクリーニング店です。

洗剤の独自開発を始め、こだわりの点がいくつもある実績ナンバーワンのお店で、安心の技術力ですね。

バレンシアガのバッグのクリーニング実績も多く、HPにもキャンバスバッグや、トートバッグCABASなどの実績が多く記載されていますので、ご自身のバッグと照らし合わせて見ることができる点がとても◎!

革彩都

革彩都の公式ホームページ画像
料金 Lサイズのクレンジングのみ:6,820円〜
部分補色:2,420円〜、全体補色:7,920円〜
納期 約1,2ヶ月前後
補修メニュー 色補修、内張交換、ファスナー交換、持ち手・ショルダー修理、金具交換など
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革彩都は低価格なのにハイクオリティを売りに、10年間工房を営み、取り扱い点数は2万点を超える実績を誇るお店です。

色彩感覚や感性に優れた女性の技術者が色補正や、クリーニングに携わるため女性ならではの強みが活かされていますね。

自社工房内で全ての作業を行う為、料金も低価格設定なのが非常にうれしいですね!

少し汚れが気になる人などは気軽に依頼できるのでオススメです!

革水

革水公式ホームページ画像
料金 ※評価額購入額が20万円以上のものは別途お見積り
縦・横・幅合計60㎝以内
クリーニング7,000円 色補正4,000円
縦・横・幅合計80㎝以内
クリーニング8,000円 色補正4,500円
縦・横・幅合計120㎝以内
クリーニング12,000円 色補正8,000円
納期 約3~4週間
補修メニュー 色補正
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革水は革クリーニング専門のお店で、革製品に対してのこだわりがとても強いお店です。

革製品はただ綺麗にすれば良いだけでなく、製品そのものの風合いを大切にした方が良い場合や色補正により見た目を綺麗にした方が良い場合があります。

そのような細かな仕上がりにもこだわり、お客様とのコミュニーケーションをしっかりとって希望通りの仕上がりにしてもらえるお店です。

革にこだわりがあって大切に使っていきたい方にはオススメのお店です!

オンラインバッグ修理工房

オンラインんバッグ修理工房
料金 SS(40㎝未満):14,000円
S(40㎝以上60㎝未満):17,000円
M(60㎝以上80㎝未満)20,000円
L(80㎝以上100㎝未満)23,000円
LL(100㎝以上)26,000円
納期 要相談(修理内容による)
補修メニュー 内張り・内袋交換修理、付根交換修理、補色、持ち手交換、パイピング修理、金具付け修理、ファスナー交換
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

オンラインバッグ修理工房は実績3万件を超える高い技術力と、対応力を誇るオンラインの修理工房です。

特に内張り、内袋の修理を得意としています。

実績の多さが技術力の高さの証明でもありますし、今なら20%OFFのキャンペーン中なのも非常にうれしいですね!

対応力の高さから、早急な修理なども柔軟に対応してくれる点が◎!

SUPICA(スピカ)

スピカ公式ホームページ
料金 Sサイズ 縦×横50㎝まで 9,000円
Mサイズ 縦×横50㎝以上 9,500円
キャンパス素材 2,000円追加
納期 2か月~
補修メニュー スライダー交換、バインダー補修、パイピング補修、金具交換、内袋交換、コバ磨き、縫い、ファスナー交換
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

スピカは、従来の安さや早さを追求した修理店とは違い、1つ1つ時間をかけて丁寧に満足いく仕上がりにこだわったお店です。

仕上がりの美しさや、修理に使用する素材などにもこだわり抜いているため、仕上がり後のアフターフォローも1ヶ月と長期に設定しており、満足いく仕上がりになるまでしっかり対応してもらえる安心して修理をお任せできるお店ですね。

修理担当は全て革を知り尽くした靴職人ですので、色々なケースにも柔軟に対応してもらえる安心感が◎!

革修復ドットコム

料金 スタンダードバッグコース 17,600円~
納期 色褪せ染みなどのメンテナンス 40日~45日
補修メニュー ハンドルショルダー修理、ファスナー修理、内側修理、ステッチホツレ等
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革修復どっとコムはレザーの製造工程と同じ方法で染め直しをしている、ブランド側修復専門店です。

修復工程が1から載っており染め直しの技術が非常に高いことがわかります。

バレンシアガ2WAYバッグのクリーニング事例も記載されており、色褪せや黒ずみ黄ばみなど、使用感があったバッグを全体的にクレンジングを施し、シミを出来る限り抜き取り、必要に応じて補色・色止め・艶調整を施して新品同様ピカピカに仕上げています。

事例が沢山載っていて目に見える実績、お客様の声が沢山あるので信頼度もアップですね!

バレンシアガのバッグのクリーニング頻度は?

バッグのクリーニング

バレンシアガのバッグをクリーニングに出す頻度に特に決まりはありません。

クリーニングに依頼する方のほとんどは、飲み物などをこぼしてしまって大きなシミがついてしまった時、毎日使用していれば、傷やスレが目立つ状態にもなりますし、色褪せや黄ばみが酷く見栄えが悪くなった時に依頼するのが良いでしょう。

バッグのクリーニングに出すとクリーニングだけでなく、革の色も新品のように染め直してくれるところが多いので見た目が新品に近い状態に戻ります。※オプション対応のお店もあります。

もちろん経年での風合いを楽しむことも革製品の魅力の1つでもあるので、そのような仕上がり希望をするのもアリです。

使用による革の経年変化はあくまでエイジングとして楽しみ、目立つ汚れやバッグ自体のパーツの不具合が起きた時に検討するのがおすすめです。

バレンシアガのバッグの日々のお手入れ方法

バレンシアガの革製品は、際立った品質と質感がありますので、ヴィンテージのような風合いを与え、革のなめらかな手触りを保つために、水や熱源、直射日光などからは避けて保管しましょう。

汚れがついてしまった場合は、乾いたネル革で拭いて革製品の汚れを落としましょう。

保管に関しては、直接押入れなどに保管をせずに付属のフランネルのバッグに入れて保管するようにしましょう。

正しく保管することが、バッグをより良い状態で使用できる1つの方法です。

バレンシアガのバッグにカビが生えてしまったら?

カビのイラスト保管する場所の温度が20~30℃、湿度が70%~80%以上、汚れやほこりなどカビの栄養になるものが付着しているなどの条件がそろうと、革製のバッグにはカビが生えてしまいます。

その際は濡れたタオルでカビを拭き取り、紫外線が多い日に天日干しして殺菌してあげましょう。

天日干しの後は革製品用の保湿クリームをぬって乾拭きをして完了です。

ただご自身で行ってしまうと取り返しのつかない事態にもなりかねないので、もし不安が残るようでしたらプロに依頼する事を検討しましょう。

バレンシアガのバッグは直営店でもクリーニングできる?

クリーニングは直接は承っていませんが、正規品のパーツ交換などは、購入した店舗でなくても最寄りのバレンシアガ直営店にて受け付けています。

その際はレシートなどの購入証明書を持参すると、スムーズに修理が進みます。

もしレシートなどを紛失している場合は事前に店舗に連絡をして、購入履歴の確認をしておきましょう。

まとめ

まとめバレンシアガのバッグをクリーニングして色も染め直すと見た目がほぼ新品のように仕上がってきます。

パッと見のクリーニング料金は割高に感じますが、新品のように生まれ変わったバッグで5年以上使えるのであれば本体価格を考えれば安いのではないでしょうか?

何よりバレンシアガのバッグに特別な思い入れがある方にとっては、また大切に使えることは何より嬉しいと感じる方も多いようです。

大切なバレンシアガのバッグを預ける際にはぜひ信頼できるクリーニング店に依頼するようにしてください。