バッグクリーニング

ルイ・ヴィトンのバッグクリーニングおすすめ11選|革の色補修・修理まで

ルイヴィトンクリーニング
編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエの佐藤です!

ルイ・ヴィトンのバッグをクリーニングに出そうと思った時に、どのようにクリーニング店を選んでいますか?

ルイ・ヴィトンのような人気の高級ブランドバッグは、取り扱いが専門的で非常に難しいため、一般的なクリーニング店では取り扱えなかったり、お店選びを間違えると大切なバッグに重大なトラブルが起こってしまい、クリーニングに出したことを後悔することになるかもしれません。

この記事では、高級ブランドバッグのクリーニングを専門に取り扱っていて、実績が多くあるお店や、クリーニングだけではなくさまざまな補修や再加工も対応できるクリーニング店を選ぶポイント、ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニングで気を付けなければいけないことをまとめました!

これからルイ・ヴィトンのバッグのクリーニングを検討されていたり、大切なバッグに修繕が必要かなと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング料金相場は?

料金
メニュー 料金相場 備考
クリーニングのみ 15,000円〜 サイズ・素材で変動もあり
部分補色 3,000円〜10,000円
全体補色
カラーチェンジ 8,000円〜15,000円 濃い色から薄い色への変更は不可
チェーンのメッキ加工 15,000円〜 要見積もりのお店もある

クリーニング料金と、その他メニューの料金相場をまとめました。

ただ汚れが付着しているだけのバッグであれば、クリーニングのみでも十分かもしれませんが、長期に渡って使用しているバッグだと、大きく色ハゲしていたり、チェーンがあるバッグの場合はチェーンのメッキ加工が必要になるかもしれません。

例えば、クリーニングにチェーンのメッキ加工を組み合わせると大体30,000円〜程度からのお店が多いので、参考価格としておおよそいくらくらいの費用が必要か考えておくと良いかもしれません。

明確な見積もりは、一度バッグの状態をクリーニング店に伝えて事前に確認しておくと安心ですね。

ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング店選びのポイント

ポイント
選び方のポイント
  1. ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング実績があるお店
  2. バッグのさまざまな補修まで対応できるお店
  3. クリーニングの保証や賠償制度があるところ

クリーニングの難しい皮革製品のバッグを取り扱っているお店はクリーニング店全体の中でも少なく、高級ブランド品まで対応してくれるところはさらに少なくなります。

出来るだけ安心して大切なルイ・ヴィトンのバッグを依頼できるお店のポイントを3つにまとめました。

ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング実績があるお店

ルイ・ヴィトンのバッグと一口で言っても、使用している素材や質感も様々(エナメル、牛革、ヤギ革、デニム、パイソン、その他天然革等)で、その1つ1つでクリーニング方法も異なります。

専門的で実績のあるクリーニング店であれば、特性を把握しておりクリーニング方法を誤ることもなく、トラブルのリスクも極めて低くなります。

更に日本で人気の高いモノグラム、ダミエ、ヴェルニ、マルチカラー、エピ、タイガ、クルーズコレクション、マヒナ等、廃盤になったもの含めると、色やデザインも様々です。

長年使用したスレや部分変色などで補色が必要な時に、技術が不十分なお店だと色が浮いてしまったり不自然になってしまうことも考えられます。

実際にクリーニング店の公式ホームページで事例を探してみると、同じ型番、ラインの実績が掲載されているとより安心してクリーニングを任せることができて、完成した写真と見比べることもできます。

ルイ・ヴィトンのさまざまな補修まで対応できるお店

メニュー例 内容
染み抜き 皮革部分についた汚れの染み抜き
色修正・補色 スレや傷、色ハゲ部分を目立たなく補色
カビ取り バッグの表面・内側のカビ取り
撥水・防汚 水を弾く撥水と汚れが付きづらくする
抗菌・消臭 バッグ表面と内側の抗菌・消臭
カラーチェンジ 元の色から希望する色に染め直す
持ち手チェーンのメッキ加工 メッキの剥がれたチェーンに再メッキ加工

バッグのクリーニングだけではなく、上記の表に記載してあるように、バッグに付着したカビの除去や、抗菌、消臭など、今後使用していくときに更に綺麗な状態で使用できるメニューが豊富にあるクリーニング店もあります。

ただ、店舗によっては対応していないメニューもありますので、今のバッグの状態と仕上がりの希望を事前に明確にしておくと良いかもしれません。

ルイ・ヴィトンのバッグに関して、素材、染料などの知識が深く、更に高級感を損なわない高度な技術が必要となってきます。

補修メニューが豊富にあるクリーニング店とそうでないところでは、技術に関しても信頼度が高いとも言えます。

クリーニングの保証や賠償制度があるお店

通常のクリーニングではあまり意識していないかもしれませんが、ルイ・ヴィトンのバッグは高価なものですので万が一を考えて、保証、賠償制度の確認も重要です。

クリーニング屋さんが入る保険などもありますが、多くは独自に賠償制度を設けているお店が多いです。

非常に高価なものを預けることになるので、万が一を想定して保証や賠償制度はしっかりしているお店選びが大切になってきます。

ルイ・ヴィトンのバッグクリーニングにおすすめのお店11選

チェックルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング実績があるお店、高級ブランド品のクリーニングを日常的に行なっているお店、皮革製品に特化したお店などおすすめクリーニング店をまとめました。

詳細は各クリーニング店のホームページもご覧ください!

リナビス

リナビス靴クリーニング
料金 26,400円(税込)
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー キズの擦れの修復、色補正、カラーチェンジ、破れ・ほつれ補修、各種パーツ交換 ※別途料金発生もあり
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

創業60年の老舗で熟練の職人による、素材本来の風合いと持ち味を大切に1つ1つ手作業で仕上げます。

バッグは1点26,400円(税込)からで、オプションで8,250円(税込)でのカラーチェンジも承っています。

その他の補修も内容によっては、料金内で対応してくれるといったサービスもあり、なかには自分で見逃していたこまかなほつれも直してくれたりと顧客満足度も高いです。

ZOOMによるオンライン相談も実施しており、自宅にいながら細かな相談をしやすいのも大きな特徴です。直接お話をして、細かな相談ができればより良い仕上がりになることは間違いないですね!

お客様満足度3部門でNo1、大手宅配クリーニングリナビス提供の皮革製品専門宅配クリーニングで、大手ならではの安心感も高いクリーニング店です。

ユアマイスター

ユアマイスター公式画像
料金 要見積もり
納期 要相談
補修メニュー 要相談
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

ハウスクリーニングや、リペア、メンテナンスまで幅広く専門のプロをマッチングしてくれるサービスであるユアマイスター。

数多くの職人から、一括見積もりを出して選択する自由があり、1度に多くの職人やお店を比較する事ができるのが大きな特徴です。

複数のお店、プロから選択できるため実績の多いプロを選択することができることや、比較することで予算の折り合いをつけやすいことがメリットです。

事例としてモノグラムのバッグで底革全交換23,000円などの事例も記載されており、バッグのみでなく色々なブランド製品のリペアも検討できます。1つだけでなく色々検討して決めたい人にはオススメです!

協和クリーニング

協和クリーニング公式ホームページ画像
料金 クリーニングのみ:16,800円〜
クリーニング+染み抜き+色修正:22,800円〜
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー 染み抜き、色修正、エナメル加工、持ち手チェーンのメッキ加工など
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

一般のクリーニング店では対応できない高級ブランドバッグや革製品、エナメル、ムートン、毛皮などを専門に取り扱っているクリーニング店です。

クリーニング事例がブランド別に大量に記載されており、例えばダミエ・グラフィットの染み抜きでは、消毒液による染みをクリーニング、染み抜きで綺麗にした様子が載っています。

事例が載っているので自分のバッグの汚れと比較しやすく、仕上がりが想像しやすいです。

「WEB見積もり」や写真を送れば見積もりを出してくれる「モバイル査定」など料金面を事前に確認できるので、料金面で不安のある方にはオススメです!
初めてクリーニングをする人にとっては、気軽に見積もりができる点が◎!

ワードローブトリートメント

ワードローブトリートメント公式
料金 A4サイズ:14,300円〜、A3サイズ:18,700円〜
納期 要確認
補修メニュー 要確認
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

ファッション雑誌など数多くのメディアに紹介されている、仕上がりにこだわり抜いたお店です。

「お客様のご要望に対して、決してNOと言わない」スタンスでお客様の期待に応えることを第一に考えてくれています。

料金はサイズ別になっており、バッグの大きさに応じて汚れの内容と修復の希望内容による見積もりを出してもらえます。

6ヶ月の品質の保証制度を設けており、こういった面からも職人としての自信があり、とにかく品質重視で安心してクリーニングを任せることができそうです。

仕上がりにこだわりたい人や、他のお店で断られて諦めていた人も1度検討してみることをオススメします!

革彩都

革彩都の公式ホームページ画像
料金 Lサイズのクレンジングのみ:6,820円〜
部分補色:2,420円〜、全体補色:7,920円〜
納期 約1,2ヶ月前後
補修メニュー 色補修、内張交換、ファスナー交換、持ち手・ショルダー修理、金具交換など
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革彩都は、財布、バッグ、鞄専門のクリーニング店で今までの取扱い件数は2万点を超えています。

過去にTVの取材が来たこともありますし、自社の工房内での作業により、コストをかけずに他社と比べると低価格設定なのが最大の売りです。

バッグがMサイズで8,400円~なのはお手軽でとても良いですし、レビューでは皆さんとても仕上がりに満足しており高評価も多いです。

汚れが気になるけど、そこまで予算をかけずに気軽にクリーニングに出したい方にはオススメのクリーニング店です!

クレアン

クレアンの公式ホームページ画像
料金 A4サイズ以内:13,200円〜、A3以内:17,600円〜
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー キズの擦れの修復、色補正、カラーチェンジ、破れ・ほつれ補修、各種パーツ交換 ※別途料金
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

クリーニングだけでなく、ブランドバッグに精通したお店でホームページから細かい事例が確認できます。

実例にアンティグア カバPM エクリュのバッグのクリーニング事例があり、全体に広がっているカビを1つ1つ手作業で特殊漂白しています。

全体に広がるカビは、クリーニング店で断られる要因の1つですが、実績例では綺麗にクリーニングされており技術力の高さが見られます。

定番ラインとして人気があるヴェルニのエナメル生地の復元など、細かい事例が見られるのでとても参考になります。

実際の仕上がりが気になる人は1度事例をチェックしてみるのも◎!

靴専科

靴専科の公式ホームページ画像
料金 Mサイズ:6,600円〜、Lサイズ:7,700円〜
納期 約1ヶ月前後
補修メニュー 色補修、ファスナー・バインダー交換、パイピング交換など
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

靴専科は靴やカバンなどの革製品を専門に、クリーニングや修理をしています。店舗は全国に点々とありますが、LINEでの見積もりもあり気軽に利用できることが特徴です。

素材やバッグのサイズによって料金の変動はありますが、クリーニングの基本費用も比較的安価で、修理費用が部分別にホームページに詳細に明記されていますので、バッグの状態と予算に合わせて依頼しやすいのが◎!

実際に店舗に持ち込んで、直接依頼したい人やオンラインでは少し不安に感じる人にはピッタリのおみせですね!

革水

革水公式ホームページ画像
料金 縦・横・幅の合計 60cm以内 7,000円~ 100cm以内 9,000円~
購入額が20万円以上の場合は要見積もり
納期 約3~4週間
補修メニュー 色補正、各種修理等
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革水は実績でお客様の声が2,000件以上あり革製品を専門に、「洗えないを洗う」をキャッチコピーに革のコンディションにこだわり風合いを落とさずに汚れを除去してくれます。綺麗にすることより革を大切にして、風合いを生かしていきたい人にはピッタリです。

料金設定はサイズごとに設定されており60㎝以内、80㎝以内、100㎝以内、120㎝以内、120㎝以上と細かくサイズ分けがされています。別途オプションで色補正をしてくれます。

購入価格が20万円を超えるような高額な製品は、特別な作業を要するため別途見積もりが必要です。

成分特許を取得しており、プロ野球選手のグローブのケアにも使用されている皮ケアスプレーの販売もおこなっており、クリーニング後のメンテナンスもできるように購入をオススメします!

オンラインバッグ修理工房

オンラインんバッグ修理工房
料金 クリーニング 4,500円~ 補色 10,500円~
納期 約1ヶ月前後 急ぎも対応可能
補修メニュー 内張り、内袋交換、付け根交換、持ち手、金具
パイピング(部分)修理
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

オンラインバッグ修理工房はバッグの修理を専門に扱っているオンラインショップで、実績数が30,000件もある高い技術力と多くの実績が自慢のショップです。

もちろんクリーニングも対応していますので、クリーニングだけでなく補修して欲しい部分などある方にはオススメのお店です。

特にルイ・ヴィトンの補修実績が多く、モノグラムの内袋交換やパイピングの部分交換、エピの持ち手の交換などの実績も多数掲載されています。

バッグの内張り、内袋の交換を最も得意としており「ホームページを見た!」で料金が20%OFFになります。

ルイ・ヴィトンのバックの実績が多くバッグ専門店ならでは職人さんがいるお店なのが◎!

SUPICA(スピカ)

スピカ公式ホームページ
料金 Sサイズ 6,500円~ Mサイズ8,500円~
納期 2ヵ月~
補修メニュー スライダー交換、バインダー補修、パイピング補修
コバ磨き、内袋交換、染め直し 等
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

SUPICAは革製品の修復やクリーニングを得意としているお店です。クリーニングのみの場合は見た目の改善でなく、革そのものの自然な風合いを楽しむ革質のバッグにオススメです。

修理担当は革の事を知り尽くしている靴職人ばかりで、バッグの染め直しに関しても専門のスタッフが対応するといった徹底ぶりに、品質に対してのこだわりを感じます。やはり大切なバッグにはこだわって欲しいですよね。

ラジオ、ファッション雑誌といったメディアにも多数掲載実績があるまさにこだわりの職人がいるお店です。

実際にルイ・ヴィトンのクリーニング実績も多くあり、革製品を安心して任せられるお店です。

革修復ドットコム

料金 17,600円~
納期 20日~45日
補修メニュー ファスナー交換、ハンドル、ショルダー交換、内側修理
ステッチホツレ、キャリーバッグタイヤ交換 等
保証・賠償

\くわしくはこちら/
公式HPはこちら

革修復ドットコムはインターネット通販のブランド革の修理件数50,000件を誇るお店です。

もちろんその中にはルイ・ヴィトンの取り扱い件数も多く、モノグラム、ヴェルニ、エピ、ダミエ等数えきれない数の実績を誇ります。

レザーのシミヌキには高度な技術が必要とされていますが、レザーの製造工程を熟知している職人が染み抜き剤が中に残留しないように、最適なシミヌキをしてくれます。

染料の配合も色彩感覚が強いと言われている「女性」が担当するこだわりっぷりで、実際のレザーの製造工程と同じ着色や艶感の調整を行います。

実績も多くレザーへのこだわりも強いので、その点で不安を抱えている方にとっては◎!

ルイ・ヴィトンのバッグのクリーニング頻度は?

バッグのクリーニングルイ・ヴィトンのバッグをクリーニングに出す頻度に特に決まりはありません。

クリーニングに出すタイミングは、酷い汚れがついてしまったり、破損してしまい、一緒に修理をしたいとき、長年使用していて破損していないが、スレや変色が目立つ時などに依頼される方が多いようです。

クリーニングに出した時に、染め直してもらったりパイピングの補修をしてもらったり、より綺麗な状態に仕上げてもらう事も検討してみてはいかがでしょうか?

例えば、ルイ・ヴィトンを象徴するヌメ革などは時間の経過と共に、やわらかくしなやかになり、1点1点独特な飴色の風合いが生まれます。柔らかくなることで傷つきにくくもなります。長年使用して生まれた風合いは、そのバッグの持ち味として楽しみ、部品の破損や目立つ汚れが付いたときにクリーニングを検討するのがオススメです。

ルイ・ヴィトンのバッグの日々のお手入れ方法

ルイ・ヴィトンのバッグのお手入れですが、素材や種類によって異なりますが、濡れてしまった場合は吸水性の高い毛羽立ちのない乾いた布で水分を拭き取りましょう。

革は水分や湿気などに非常に弱い為濡れたまま放置したり、湿度が高いとカビが生えてしまう恐れがあります。

色褪せの原因になりますので直射日光のあたる場所には短時間でも放置しないようにしましょう。軽い汚れがついてしまった場合は、市販のクリーナー等を使用するとレザーを痛めてしまう恐れがありますので注意してください。

油、化粧品、香水、クリーム、消毒剤、レザーローション、クリーナー、化学薬品などはレザーの傷みを早める原因になってしまうので、使用しないようにしましょう。

自分でクリーニングをするときは素材にあったお手入れ方法を、よく確認してからでないと、レザーが傷んでしまったり色落ちの原因となってしまうのでよく素材について調べることをオススメします。

ルイ・ヴィトンのバッグにカビが生えてしまったら?

カビのイラスト大切なルイ・ヴィトンのバッグにカビが生えてしまった時は、ついてしまったカビを乾いた布で拭き取りましょう。濡らした布の方が綺麗に取れているように感じますが、カビを繁殖させる原因になってしまいます。菌による繁殖を防ぐ為に屋外での作業を推奨します。

カビを除去した後は、ルイ・ヴィトンのバッグに使用できる革用クリーナーを布に付けその布でバッグを磨きましょう。製品によっては色落ちの原因にもなりますので、目立たない部分でテストをしてから磨いていきましょう。

クリーナーで除去した後に、バッグの革に必要な油分や栄養分を除去してしまうので、革製品専用の保湿クリームなどで保湿します。

カビの臭いが気になる場合は、風通しの良い場所に陰干しして取り除くことができます。直射日光に当てると日焼けしたり乾燥してしまうため、直射日光に当てることは避けましょう。

ルイ・ヴィトンのバッグは直営店でもクリーニングできる?

ルイ・ヴィトンの直営店でも、クライアントケアサービスがあります。

パリのアトリエと同じく、卓越した技術を習得した職人が、フランスから取り寄せた純正の部品を使用して1点1点丁寧に仕上げてくれます。

全国のルイ・ヴィトン直営店へ持ち込めば簡単な修理であればその場でできる場合もあります。

直営店では納期目安が6週間と少し長めですが、純正の部品を使った修理や、アトリエと同じ技術での修理などメリットも多いです。時間に余裕があったり純正の部品にこだわりたい方は直営店に1度相談する事をオススメします。

まとめ

まとめルイ・ヴィトンのバッグをクリーニングして色も染め直すと見た目がほぼ新品のように仕上がってきます。

パッと見のクリーニング料金は割高に感じますが、新品のように生まれ変わったバッグで5年以上使えるのであれば本体価格を考えれば安いのではないでしょうか?

何よりルイ・ヴィトンのバッグに特別な思い入れがある方にとっては、また大切に使えることは何より嬉しいと感じる方も多いようです。

大切なルイ・ヴィトンのバッグを預ける際にはぜひ信頼できるクリーニング店に依頼するようにしてください。