ダウンクリーニング

ユニクロウルトラライトダウンの洗濯方法を解説|自宅で洗う際の注意点まで!

編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエの佐藤です!

ユニクロのウルトラライトダウンは、軽さを気に入って利用している人も多いことでしょう。

しかし、その軽さゆえに洗濯では気をつけることがあります。せっかくお気に入りのダウンジャケットを購入しても、ダウンがしぼんでしまってはがっかりしませんか?

今回はユニクロウルトラライトダウンの特徴や、洗濯方法を紹介しています。

ウルトラライトダウンの特徴について

ウルトラライトダウンは軽さに拘ったダウンジャケットです。空気をよく含むダウンを用いており、保温性が高い特徴があります。

付属のポーチに入れれば持ち運びしやすいので、ダウンジャケットを着て行ってもいいのかと迷う気候のときにも活躍しますよ。

ベストや着丈の長いジャケットなど、様々なラインナップがあります。

》ユニクロのウルトラライトダウンのページ

ウルトラライトダウンの洗い時はこんな時!

ウルトラライトダウンに限らず、ダウンジャケットはシーズン毎に洗濯するのがおすすめです。ダウンジャケットを洗濯せずに長年来ていると、色あせてしまいます。

汚れは付着したまま放置をすると徐々に酸化して、染色された繊維にダメージを与えるためです。

色あせなので、洗濯をしてもなおりません。

ダウンジャケットが色あせる前、1シーズンごとに洗濯するのが良いのです。

【失敗しない為に】ウルトラライトダウンの洗濯する時の注意点!

ダウンジャケットの洗濯は、難しそうだと感じる人も多いのではないでしょうか?ここでは、洗濯での注意点を解説します。

なお、ダウンについている洗濯表示に指示にしたがうことを前提としています。

濡れたダウンを放置しないこと

ダウンを濡れたまま放置するとカビが発生することがあります。生乾きと同じですから、臭いのもとにもなるのです。乾かすときは、しっかり乾かすようにしてください。

冬に雪が降る地域では、ウルトラライトダウンに降り積もった雪が水分になります。雪が降った日も忘れずにお手入れしましょう。

保管方法にも注意!

丁寧にウルトラライトダウンを洗濯しても、保管方法を間違えば劣化の原因になります。中身のダウンが偏るのを防ぐためにも、洗濯後はハンガーにかけて保管しましょう。

ウルトラライトダウンの洗濯方法を解説!

ウルトラライトダウンの洗濯方法を確認していきます。

手洗いでの洗い方【ユニクロ推奨】

ここでは、ユニクロ推奨の手洗いの方法を紹介します。

手順1 中性洗剤を洗面器に入れる

水を溜めた洗面器に中性洗剤を入れてよく混ぜましょう。洗面器はある程度大きめでないと不便なので、洗面所で行うのもおすすめです。

ここでは、40℃以下のぬるま湯を使用します。すすぎの段階で手間取ることがないように、衣類1着分の使用量を守るのがおすすめです。

手順2 先に酷い汚れを取り払う

ダウンを水に浸ける前に、部分汚れを取り払います。洗剤を布やスポンジなどに染み込ませて、叩きこむようにして落としましょう。

手順3 ウルトラライトダウンを押し洗いする

ウルトラライトダウンを押し洗いして汚れを取りましょう。汚れの落ち具合が不安なときは、さらに浸け置きを20分程度してください。ウルトラライトダウンをきつく絞らないように気をつけます。

手順4 新しい水で3回程度すすぐ

ウルトラライトダウンを手洗いした後の洗面器には、黒い水が溜まっています。新しい水を汲んで3回程度すすぎましょう。

すすぎが甘いと、シミになる可能性があります。泡が出なくなるまで丁寧にすすいでください。

柔軟剤を使うタイミングは、すすぎのときが適しています。新しい水に柔軟剤を衣類1着分混ぜて、およそ5分浸け置きしましょう。

手順5 タオルドライで軽く脱水をする

水分が滴り落ちないように、洗面器の中で1度軽く脱水をします。洗面器内でダウンを押し付け、水気を取ってください。その後、バスタオルで優しく包み込んでさらに水気を取ります。

デリケートな素材なので、丁寧な取り扱いが大事なのです。

洗濯機を使った洗い方

ウルトラライトダウンは手洗い推奨です。しかし、洗濯機を使った洗濯方法もあります。

手順1 ウルトラライトダウンをネットに入れる

素材や中身が傷つくのを防ぐため、必ずネットに入れましょう。35cm×45cmの大きさのネットが、ウルトラライトダウンの洗濯に適しています。

手順2 洗濯機の優しく洗い上げるコースを使う

家庭用洗濯機の優しく洗い上げるコースを使い、ウルトラライトダウンを洗濯します。

手順3 洗濯終了後は素早く取り出すのがポイント

洗濯終了後にいつまでも洗濯機の中に残しておくのはいけません。そのまま置いておくと、シワが増える原因になるからです。優しくシワを伸ばしたり叩いたりしながら、中わたを均等にしてください。

洗濯機を使った脱水方法

羽毛の飛び出しを防ぐため、家庭用洗濯機を用いた脱水はおすすめではありません。この方法は、自己責任で実践してください。

手順1洗濯ネットに入れる

ウルトラライトダウンを洗濯ネットに入れましょう。

手順2洗濯機で脱水する

洗濯機で脱水しますが、その時間はおよそ30秒程度にしてください。

汚れが目立つ場所(襟や袖口)は部分洗いをしよう!

ダウンジャケットに食べこぼした跡がついたときの例です。ここでは、一般的な羽毛製品の洗い方を紹介しています。

手順1食器用洗剤で落とす

小皿に食器用洗剤を入れ、スポンジや歯ブラシを使って汚れの部分を落とします。ウルトラライトダウンの目立たない場所で色落ちテストをしてから作業するのがおすすめです。

手順2ぬるま湯を使ってすすぐ

40度以下のぬるま湯を使って、汚れの部分をすすぎます。手順1と2を数回繰り返して、汚れを綺麗にしましょう。

ウルトラライトダウンの乾燥方法!

ウルトラライトダウンにとっては、洗濯後の乾燥も大切な工程です。

陰干しをしよう

日光はダウンジャケットにとってダメージとなるので、陰干しをします。ダウンジャケットに使っている素材が、紫外線によって劣化するのを防ぐためです。早く乾かしたいのなら、紫外線には当てずに風に当てましょう。

コインランドリーの乾燥機を使うとふんわり!

ダウンジャケットを洗濯すると、ボリューム感が無くなってしまうことはよくありますよね。自分で乾燥までするのは、なかなか難しいものです。

しかし、コインランドリーの乾燥を使うと、ふわふわなダウンジャケットが完成します。そのやり方はダウンジャケットを干してから、およそ10分乾燥するだけです。

乾燥時に回転させるので、空気を含みボリュームが増えます。

コインランドリーでの乾燥も、ユニクロでは推奨していません。利用の際は注意してください。

【まとめ】ユニクロダウンのお手入れのポイント!

ウルトラライトダウンの洗い方を紹介しました。デリケートな素材ということを頭に入れておけば、後は難しくありません。基本的には丁寧な手洗いをして、きつく絞らないようにしましょう。

ダウンジャケットがしぼんでしまったら、もう着られないと落ち込みます。しかし、ボリュームを復活させる方法もあるのです。お気に入りのダウンジャケット、ぜひ長持ちさせてください。