コインランドリー

スニーカーランドリーの使い方を徹底解説|利用料金から注意点まで!

編集部 佐藤
編集部 佐藤
こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエ佐藤です!

「スニーカーを自宅で洗うのは、手間がかかって大変。」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?かと言って、クリーニングへ出すのも別の手間がかかります。

ところで、スニーカーランドリーというものを知っていますか。スニーカーランドリーなら、簡単な手順で手軽にスニーカーを綺麗にできるのです。

今回は、スニーカーランドリーの使い方を解説していきます。

そもそもスニーカーランドリーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukarin🎀(@yukarin_79)がシェアした投稿


スニーカーランドリーとは、その名の通りスニーカーを洗濯する専用のランドリーのことです。

その構造は、上下2つに分かれていて、下が洗濯機、上が乾燥機になります。それぞれにコインの投入口がついていますから、使用時は気をつけましょう。

スニーカーランドリーを設置しているかどうかは、各Webサイトで店内設備から確認できることがあります。事前に知りたい場合は、活用してください。

スニーカーランドリーの料金の相場とは?

スニーカーランドリーの料金相場は、おおよそ200円です。ICカードが使えるスニーカーランドリーもあります。

スニーカーランドリーの使い方!洗濯機と乾燥機

 

この投稿をInstagramで見る

 

NC Laundry +(@nc_laundry)がシェアした投稿


説明した通り、スニーカーランドリーは上下で分かれています。それぞれの使い方をみていきましょう。

スニーカーウォッシャー(洗濯機能)の使い方

まずは洗濯機、スニーカーウォッシャーの手順です。

スニーカーウォッシャー手順

1.スニーカーを入れる

洗濯槽にスニーカーを入れます。洗濯槽の中央にあるブラシへスニーカーが触れるように、靴紐のある面を中心にして置くといいでしょう。

2.硬貨を投入する

スニーカーウォッシャーの硬貨投入口へ、指定の金額の硬貨を投入します。500円玉は使えないこともあるので、手持ちの硬化に気をつけてください。

3.蓋を閉める

スニーカーウォッシャーの蓋を閉めると、ロックがかかり残り時間が掲示されます。

洗濯槽をそのまま使いたくなくて、先に洗濯槽だけ洗いたい人もいることでしょう。そのときは、以下の手順がおすすめです。

  1. 先に硬貨を投入
  2. そのまま洗濯槽を洗う
  3. 洗濯槽にスニーカーを入れる

お好みの手順で利用してください。

追加脱水をする場合

スニーカーランドリーでは、追加脱水もできます。スニーカーの内部へ浸透している水分を取り除くため、洗濯槽へ入れるときは靴紐の面を外向きにして脱水してください。

スニーカーランドリーの蓋を閉めたら、洗濯槽を洗ったときと同じ、追加脱水ボタンを押します。

スニーカードライヤー(乾燥機能)の使い方

ここでは、スニーカーランドリーの上に設置しているスニーカードライヤーの利用手順を確認します。

スニーカードライヤー手順

1.スニーカーを入れる

スニーカードライヤーへ、水気を十分に取り除いたスニーカーを入れます。蓋を開けると、黒い棒がありますのでそこへスニーカーを設置するのです。

スニーカードライヤーは、スニーカーの内側へ温風を吹きつけて乾燥させる構造になっています。

2.ドアを閉じる

スニーカーランドリーのドアを閉じましょう。

3.硬貨を投入する

硬貨投入口へ、指定の金額の硬貨を入れて下さい。投入後、先ほどと同じように残り時間が掲示されます。

スニーカードライヤーも、合わせて使ってみてください。

スニーカーランドリーで洗濯できるものとできないものは?

スニーカーランドリーで洗うのは、布製のスニーカーが向いています。スリッパ・革靴・ゴム製の長靴などには対応していないので注意してください。

高級ブランドのスニーカーなどはクリーニングがおすすめ!

高級ブランドのスニーカーは、スニーカーランドリーよりもクリーニングを使うのがおすすめです。

自宅でのお手入れや、スニーカーランドリーでの洗濯が心配になるような靴でも、クリーニングなら比較的安心できます。ここでは、スニーカークリーニングのおすすめポイントを解説しましょう。

プロが検品してくれる

プロの担当者が、スニーカーを1足ずつ検品してくれます。靴の素材や汚れの具合など、プロでないと分からないことが多いのです。

作業の前後にしっかり検品して、クリーニングの完成度を上げることに繋げる店舗もあります。

専用の機器がある

多くの靴クリーニング店では、靴をお手入するために専用の洗濯機や乾燥機を用いています。

自宅では、なかなか靴専用の洗濯機を購入しようと思わないので、専用の機器があることはクリーニングに依頼するメリットと言えるのです。

修理のサービスもある

店舗によって、同時に靴の修理サービスを展開しているところもあります。自分で靴のお手入れをしようとすると、自宅で洗って、修理屋さんへ持ち込みということになるでしょう。

しかし、修理サービスもしている店舗なら、1店舗で全体的な靴のメンテナンスができるのです。

スニーカークリーニングの料金を比較|おすすめ厳選4店舗の特徴を解説!あなたは、スニーカークリーニングを店舗へ依頼したことはありますか?「なんとなく、高そう」と思っていませんか。 実は、靴クリーニングは店舗によって安い値段で利用できるのです。スニーカーを洗うのは手間がかかりますから、安く利用できたら嬉しいですよね。 今回は、スニーカークリーニングができる店舗の紹介や、宅配クリーニングのメリット・デメリットなどを紹介しています。...

クリーニング利用時の確認ポイント

靴クリーニングを利用するときには、いくつか確認したいポイントがあります。事前に確認して、当日に「この靴は対応できない」と言われることのないようにしましょう。

どの程度劣化しているか

クリーニングして欲しい靴が、どの程度劣化しているかというのが最初の確認ポイントです。

靴にできた破れや穴あきが、クリーニングが原因で出来たものなのかを確認するためですね。それだけに限らず、クリーニングと合わせて直して貰える場合もあります。

確認を怠ると、この部分が曖昧になるので注意が必要です。

靴の素材について

店舗によって、対応できる靴の素材を指定している場合があります。そのため、靴の素材の確認は必須なのです。

ほかには、素材別に料金が変わるパターンもあります。「予想の値段と違っていた」とのトラブルに発展させないために、事前確認が大事です。

対応できる靴の素材を、店舗のWebサイトに掲載している場合もありますが、不明であればメールや電話で確認を取ってください。

まとめ

スニーカーを洗って乾燥できる、専用のコインランドリーがあるなんて知らなかった方も多いのではないでしょうか。

非対応の素材もあるものの、手軽にスニーカーが洗えるのは嬉しいものです。

スニーカーランドリーがあることを始めて知った人は、この機会にぜひ1度使ってみてください。自宅で洗うのが億劫に感じるくらい、便利なものかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で