お洗濯のコラム

一人暮らしの洗濯をもっと楽に!週の頻度・回数を減らす効率的な方法を解説!

編集部 佐藤
編集部 佐藤
 こんにちは ラクリー編集部の洗濯ソムリエの佐藤です!

一人暮らしで遅くまで働いていると、洗濯が大変ですよね。

一人暮らしの洗濯の頻度はどれぐらいが最適なんでしょうか。効率よく洗濯をするアイディアはないのでしょうか。

今回は、一人暮らしの洗濯の疑問を解決していきます。

そもそも一人暮らしの洗濯の頻度と回数はどれぐらい?

一人暮らしの洗濯一人暮らしで洗濯をする頻度を確認しましょう。

一人暮らしの洗濯物は毎日洗うべき?

衛生面が気になるのなら、一人暮らしの洗濯物は毎日洗ってください。洗濯物がある程度溜まった状態で洗うのなら、週に2回から3回が目安です。

ただし洗濯頻度を週に2回から3回にする場合、夏や梅雨の季節に雑菌が増えやすくなりますので、ご注意ください。

一人暮らしに最適な洗濯機

一人暮らしに最適な洗濯機は、どのようなタイプでしょうか。

洗濯機で一人暮らし向きの安いものは?

一人暮らしにはリーズナブルでスペースを取らない、縦型洗濯機が向いています。

ドラム式洗濯機は10万円以上の商品があるのに比べ、縦型洗濯機は安ければ2万円程度で購入可能です。6kgから7kgの容量があれば、3日ほどの洗濯物も洗えます。

洗濯機を選ぶときは容量だけではなく、コースも確認してください。洗濯機のコースは毛布を洗うコースやおしゃれ着を洗うコースなど、さまざまな種類があります。

ご自身の使い方に合ったコースのある洗濯機を選びましょう。

洗濯機の適切な水量とは?おかしいと感じたらチェックしたいポイントも解説!この記事では洗濯機の適切な水量の目安について解説しています。全自動洗濯機であっても機種はもちろん、使い方によって自動注水される水量が変わることがあります。なんだかおかしい・・?この水量で正しいの・??と心配になった時にも適正な水量を知っていると正しく対処できます。...

一人暮らしで効率的に洗濯をするアイデア

一人暮らしで仕事が忙しいと、つい洗濯物を溜め込みがちになります。ここでは、効率よく洗濯をするアイディアを確認しましょう。

部屋干しのときの臭い対策はどうする?

臭い対策をするには、洗濯物を日光に当てて乾かします。直接当てなくても殺菌作用が期待できるので、日光が当たる窓際に洗濯物を干してください。

紫外線はお肌に悪影響を与えるイメージですが、殺菌作用が期待できるわけです。

洗濯物を干す場所には、換気扇がついているところも向いています。風が当たれば洗濯物が乾くので、キッチンや浴槽など換気扇のある場所で乾かしてください。

普段から洗濯槽を綺麗に保つこと

洗濯槽普段から洗濯槽を綺麗に保つことで、一人暮らしの手間をなるべく減らしましょう。カビは湿度の高い場所を好むので、洗濯機のふたを開けておきます。

小さなお子さんがいる家庭で洗濯機のふたを1日中開け放すのが危険な場合は、少しの間だけ開けてください。

洗濯機の内部が乾ききることはありません。そのため、長時間洗濯物を入れたままにするのはやめてください。目には見えなくても水分が残っているので、洗濯槽は蒸れています。

洗濯機の中で雑菌が増えるので、衣類から衣類へ増殖していくわけです。増殖した雑菌は臭いの発生源となり、衣類を傷めます。

一人暮らしの洗濯時間は夜?昼?

一人暮らしの洗濯する時間日光に当てられるうえ早く乾くので、洗濯時間の理想は朝です。夜までにほとんどの洗濯物が乾きますから、帰宅後に取り込めます。前日に入浴したさいの残り湯を使えば、節約も可能です。

ただし冬や、仕事で昼間洗濯できない人は、夜の洗濯でも構いません。乾燥する季節に部屋干しすることで、室内の湿度を上げられるからです。

洗濯物を干す場所について

洗濯物を干す場所一人暮らしで、洗濯物を干す場所に困る人も多いことと思います。一人暮らしで洗濯物を干すときに向いている場所や、アイディアを解説しました。

一人暮らしの部屋干しで洗濯を干す場所

お風呂場の換気が利用できるので、洗面脱衣所がおすすめです。洗面脱衣所のメリットは、それだけではありません。

洗濯から部屋干しまでの工程で部屋を移動する必要がないので、効率が上がります。

物干し竿の変わりに突っ張り棒が使える

部屋が物だらけで、洗濯物を干す空間が無い場合は天井が利用可能です。物干し竿の変わりに突っ張り棒をかければ、洗濯物が干せる空間に変わります。

より早く洗濯物を乾かすには、エアコンの近くで部屋干しするのもおすすめです。最近では、エアコンの近くで洗濯物を干すための専用グッズなども販売しています。

女性の一人暮らしで洗濯を干す時の注意点

一人暮らしをしている女性の方は、洗濯物を干すときに注意点があります。

女性の一人暮らしでは外干しに注意

女性の一人暮らしは、安易に洗濯物を外干しすると危険が伴います。特に下着類の外干しから、女性が一人暮らししていることを特定される可能性があるわけです。

洗濯物を干す時間や取り込む時間から、生活リズムをチェックされる可能性もあります。部屋干しすることで、少しでも犯罪に遭う確率を下げられるはずです。

部屋干しで綺麗に乾かないときは

洗濯物から臭いがする、乾きにくいなど部屋干し特有の悩みもあります。

洗濯物の臭いが気になるときは、除湿器やエアコンを用いて速やかに乾かすことや漂白剤を使うことで、対策が可能です。

洗濯物から生乾き臭がするときは、酸素系漂白剤を使います。酸素系漂白剤は40℃以上のお湯で使いましょう。また、漂白剤のタイプによって使用できない繊維があります。

液体のものは酸性、粉末のものはアルカリ性ですから、使用前にご確認ください。

天気の良い日に、洗濯物を外干ししたくなるときがあります。

こんなときは、女性が好む可愛いデザインの洗濯物を干さないことや、洗濯物をベランダの高さより低い場所に干すことで対策を取りましょう。

まとめ

一人暮らしは洗濯物を溜め込みがちです。しかし溜め込んだ洗濯物が、臭いや雑菌を繁殖させている可能性もあります。洗濯槽を綺麗にしたり部屋干しでも日光に当てたりして、いつでも洗濯物を清潔にしてください。

あわせて読みたい!